会則

日本線維筋痛症学会(JCFI)会則

第1章 総則

  1. ■ 第1条
    本会は日本線維筋痛症学会(Japan College of Fibromyalgia Investigation)と称する。
  2. ■ 第2条
    本会の事務局は下記に置く。
    東京都新宿区新宿6-1-1 
    東京医科大学医学総合研究所

第2章 目的及び事業

  1. ■ 第3条
    本会は、線維筋痛症疾患に関する臨床研究の進歩、発展を図ることを目的とする。
  2. ■ 第4条
    本会は、その目的を達成するために必要な事業を行う。
    1. 1) 学術集会の開催
    2. 2) ニュースレターの発行
    3. 3) その他、本会の目的を達成するために必要な事業
  3. ■ 第5条
    本会の事業年度は4月1日に始まり、翌年の3月31日を以って終わる。

第3章 会員

  1. ■ 第6条
    本会の会員は、正会員、賛助会員及び名誉会員、功労会員より成る。

  2. ■ 第7条
    正会員は、本会の目的に賛同し会費を納入する者とする。会費は別に定める。

  3. ■ 第8条
    賛助会員は、本会の目的に賛同し、これを援助する個人(個人会員)または団体(法人会員)とし、会費を納入する者とする。会費は別に定める。ただし、賛助会員は会務の運営に関与することはできない。

  4. ■ 第9条
    名誉会員、功労会員は、本会に多大の貢献をし、評議員会で推薦され、総会で承認された者とする。名誉会員、功労会員に関する内規は別に定める。

  5. ■ 第10条
    会員は、次の場合にその資格を失うものとする。
    1. 1) 退会の希望を本会事務局に申し出たとき
    2. 2) 会費を3年間滞納したとき
    3. 3) 本会の名誉を傷つけ、またその目的に反する行為があったとき

第4章 役員

  1. ■ 第11条
    本会は次の役員を置く。
    理事長 1名、副理事長 2名、会長 1名、理事 若干名、監事 2名、幹事 1名、評議員 若干名
  2. ■ 第12条
    理事長、副理事長は、理事の互選により決定する。
  3. ■ 第13条
    会長は、理事会において評議員より推薦し、評議員会で決定し、総会の承認を得る。評議員に関する内規は別に定める。
  4. ■ 第14条
    理事、監事及び幹事は、理事会において選出し、理事長が委嘱する。
  5. ■ 第15条
    評議員は、理事会において、正会員より推薦し、評議員会で決定し、総会の承認を得る。評議員に関する内規は別に定める。
  6. ■ 第16条
    理事長は、本会を代表し会議を統括し、総会・評議員会・理事会において議長となる。
  7. ■ 第17条
    副理事長は理事長を補佐し、本会の事業の執行を図る。
  8. ■ 第18条
    会長は、学術集会を企画、運営する。
    理事は、理事会を構成し、本会の庶務、会計、会誌発行などを分担する。
    監事は、会の運営及び会計を監査する。
    幹事は、会の運営を補佐する。
    評議員は、評議員会を構成し、総会に提出する重要会務について審議する。
  9. ■ 第19条
    理事長、副理事長、理事、監事、幹事及び評議員の任期は3年とするが、重・再任を防げない。
  10. ■ 第20条
    会長の任期は、前回総会終了後よりその主宰する総会終了までとする。

第5章 学術集会及び会議

  1. ■ 第21条
    学術集会は、年1回開催する。
  2. ■ 第22条
    総会は年1回とし、次の事項を行う。
    1. 1) 庶務、会計の承認
    2. 2) 次期会長及び総会開催地の承認
    3. 3) その他、理事長が必要と認める事項
  3. ■ 第23条
    理事会及び評議員会は必要に応じて理事長が招集する。

第6章 付則

  1. ■ 第24条
    本会則の改正は、評議員会の議を経て総会で決定する。
  2. ■ 第25条
    本会則は、平成21年4月1日より発効する。

名誉会員内規

  1. 1. 学会会長、理事の経験のある者
  2. 2. その他学会に対し、顕著な功績のあった者
  3. 3. 名誉会員の任期は終身とする
  4. 4. 名誉会員は会費を免除される
  5. 5. 名誉会員は、評議員会の通知を受け、任意これに出席し、意見を開陳することができる
  6. 6. 年齢は70歳以上とする

功労会員内規

  1. 1. 原則として評議員の経験のある者
  2. 2. 功労会員の任期は終身とする
  3. 3. 功労会員は、評議員会の通知を受け、任意これに出席し、意見を開陳することができる
  4. 4. 年齢は65歳以上とする
  5. 5. 功労会員の会費は半額とする
  6. 6. 70歳以上の功労会員は会費を免除される

評議員内規

  1. 1. 評議員は本学会の会員で次の資格を必要とする
    1. 1) 原則として卒後15年以上の会員であること
    2. 2) 本学会にて活発な活動を行っていること
  2. 2. 評議員の推薦方法は次の通りとする
    1. 1) 本学会評議員2名以上の推薦を要する
    2. 2) 略歴、線維筋痛症およびその関連のリウマチ学に関する主要業績目録をあらかじめ総会2か月前までに会長(あるいは事務局)に提出する
  3. 3. 評議員会を3回以上理由なく欠席した場合は、評議員の資格を失う

会費に関する内規

本会の会費は当分の間、以下のとおりとし、会費の変更は理事会、評議員会、総会の承認を得るものとする。

  1. 1) 正会員 医師:5,000円  コメディカル:3,000円
  2. 2) 法人会員のうち個人会員:10,000円  法人会員:100,000円/1口、1口以上